ギターで暗記の必要性

皆さんごきげんよう!

たまにはギターの事もブログで発信して下さいと

ヤングジェネレーション達にも指摘される今日このごろ(汗)

さて、本日のタイトル

ギターで暗記の必要性について自分の見解を書いて見ますよ!!

 

自分がギターを練習し始めた頃は、今のようにネットやYouTubeも無く

YouTuberはもちろん存在せず、ひたすら本からの情報を頼りに練習

諸先輩方の演奏を見て盗む見て盗む…

先輩方に奏法詳細を聞こう物なら『弾けねぇーなら向いてない』

ぐらいの言いよう言われようだったです(苦笑)

先輩方は詳細のメカニズムを知っていなくても弾けては

居たのでココは誤解なきようヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

それらから得た情報、知識を暗記しないと弾けないと言うのは

肌感覚で理解していたのと、自分はパワーコードについては

割と直ぐに覚えられたのは自覚しています。

 

そして、今日の本題です。

とある生徒さんから、今どきネットで調べれば

すぐ分かるものを何故暗記しなければいけないんですか?

と、若干の半ギレ(笑)気味に言われましたが

 

僕の見解はコレでした。

『ネットを調べている間に曲は進んで行くよ

もちろん練習段階なら、そのやり方も有りだけど

実際の曲を演奏している時にネットや教本に

載っているのを毎回調べて弾いてたら

曲終わってる。

暗記ってのは確かに誰でも出来そうで

つまらないし単調だけれど

誰でも出来ることも出来ない人に何が出来るか?

それを考える事が重要なんだ。』

と、恐らく、こんな表情で伝えましたが抽象的過ぎたでしょうか?

 

( ゚д゚)ポカーンって顔でした…。

 

まぁ、兎にも角にもギターと言う楽器自体の

構造上暗記せざるを得ないことは多いかも知れません?

これはピアノにしても他の楽器にしても同じで

リズム、音階、和音、テクニック、これらが

現存する曲を弾く時に必要な訳です。

そして一番大切な、自分の心情を演奏に投影させるレベルに行くには

暗記は必須だと考えます。

 

まぁいずれ、ネットで検索しながら弾く曲とか

本を調べながら弾く曲とか出てくるかも知れませんけれど

通信速度、検索速度に依存して!!とでも書き加えといて貰いたいものです

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

そんな事で、ギターで必要な事は暗記は絶対って事で!!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください