練習成果と成長

本日は、私が思う練習成果と成長について簡単に書いてみたいと思います

ギター講師をしておりますが、本人も現役なので自分にも当てはまる事が

多くある事と、こんな視点もあるんだなぁ!と何かのインスパイになればと思います

まず、成長するためには2つの方向性があると思います。

『短所克服』

『長所伸展』

簡単に説明すると

欠点、短所、苦手分野の克服をするのか

長所、得意分野を伸ばすのか

と言ったところ。

 

読者の皆様はこれをギター練習や演奏に

または、自分の現在取り組んでいる事に置き換えて考えてみて下さい

 

今回はギター練習成果と成長目線で進めますが

私の教室では、割合比率として

短所克服7割

長所伸展3割

を基本として進めております。

理由は簡単です。

長所と言うのは、本人が自覚し認識出来ている事が多く

短所と言うのは、本人は無自覚で認識出来ていない事が多いから

 

実際に短所克服に取組むには精神力と時間を要します

演奏で間違えてしまう箇所がある場合

原因の究明し、基本を確認し、再度構築するのが

短所克服

 

一方、面白いと思い取り組みスムーズに出来て

さらにそれを工夫して応用できるのが

長所伸展

 

入り口としては、長所伸展を取りますが

それだけでは克服したり、自身が取り組みたい内容で成果を得れる事は

少なくなります。

この辺りは、それぞれのゴールが違うので別れますが

短所克服と長所伸展のバランスをとりながら進む様になる事が重要になります。

 

また、成長する方向性には

『広げる』

『深める』

大まかに分けて2つがあると思います。

 

例としては

色々な音楽ジャンルの演奏、スタイルを知る場合は『広げる』

一つの音楽ジャンルの演奏、スタイルだけに特化する場合は『深める』

 

文字にすると簡単で単純ですが、音楽は複合的な要因もあるので

一概に言えませんが、こんな感じでしょうか。

 

これも含めると成長をして成果を得るには

短所克服、長所伸展の選択をしながら

自分が『広げたい』のか『深めたい』の2つの方向性を

意識しながら次に何をするかを決めると成果が近づくと言えるでしょう。

 

どちらにしても、成長の先に成果があり

成果の先に成長があったりするので道のりは長いですが

 

これらを踏まえ考えレッスンカリキュラムをご提案しておりますので

一緒に取り組んでみたい方

もしも更に興味があれば、お気軽にお問い合わせ下さい!!

 

ギター・ウクレレ教室のお問い合わせはコチラ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください