第5回スペシャルセミナーin野沢南高等学校軽音部

前回に続き第5回スペシャルセミナー開催のご依頼を
軽音楽部顧問の先生よりご依頼頂きました。

第四回目のスペシャルセミナーからの次の課題や

次に繋げたセミナーと言うことで課題を各生徒さん単位

バンドに向けて提示しておいた事の確認と新たな課題を提示すべく

お邪魔しました。

 

前回のセミナーからの続きという事で先ずは普段の練習前に取組んでいる

全体練習を見せてもらい、早速幾つかのアイデアと課題を提示

どの生徒さんも即効性があるので腑に落ちたみたいでした。

 

続いて、各バンドの演奏課題発表コーナー

どのバンドも前回より進歩しており

やはり練習ってのは正直に音に出るものだなぁと改めて勉強になりました

しかし、提示しておいた課題をクリア出来たバンドはゼロ…

もう一度だけ言います…。ゼロ…。(汗)

 

そんなに難しい事だしたつもりは無かったですが

拡大解釈していたバンドも多く、意図を間違えて理解していたのだと

思うことにしつつ、顧問の先生から生徒さん達に激が飛びつつ

これは愛のムチって事です。

あ、誤解なきように言うと、罵声とかそう言うことでは一切なく

国語力の問題と感性の事を理論的に説明するゲキなので…

 

そして、私からの総評とアドバイスコーナーへ

 

現在、ポータブルプレイヤーがお手軽に普及し

スマートフォンでも聞けるお手軽で便利な時代真っ盛りなのですが

スマホのスピーカーで音楽を聞いていたり、聞いていても自分の楽器パートのみみたいな

状態の生徒さんが多いと感じたため

私が推奨している『マニア聴き』を生徒さん達にお伝えしました。

簡単に言うと、自分以外のパートにも意識を向けて音楽を聴く方法のアイデアです。

 

そして、午後は2018年の県内バンドフェスの優勝バンドのプチLIVEコーナーへ

演奏を聞かせてもらい、そのバンドへの具体的なアドバイスを提示し

実践してもらいました。

それを見ていた他のバンド、楽器奏者達も熱心にメモをとっていたのが

印象的でした。

アドバイスを感じ取った演奏者達が、それを具現化出来る能力も伸びてきているとも

感じながら、スペシャルセミナー仕様にカリキュラムを構築している甲斐があります。

 

また、最後には前回のセミナーからのQ&Aコーナーを実践しつつ

軽音部用の楽器学も実現できました。

これは今後非常に役に立つことは間違いなしなので

皆がどの様に成長していってくれるか楽しみしかないです!!

 

最後に自分のギター演奏も聴いてもらい

少しは皆の演奏に役に立ってれば嬉しいなぁ。

 

参加してくれた、どの生徒さんも真剣に取組んでいる姿は

毎回刺激を貰えて楽しいです。

やっぱり音楽ってのは、年齢を超えられる部分が多くて

やめられない(笑)

 

次回のセミナー日程も顧問の先生よりご予約頂きましたので

冬の練習期間中を大切に

限られた青春時代に、自分の音楽への情熱を

最大限に発揮して欲しいと心の底から願っています!!

頑張ろうみんな!

そして、また顧問の金山先生!!

写真2はベースをIRON MAIDENのスティーブ・ハリス風に構えていますが(笑)

これも、部員達の為に新たに準備したとの事です!!凄いっ!!

羨ましい(笑)

どの部員さんも個性が光っている。

また一緒に出来ることを楽しみにしています。

日々精進 試行錯誤 継続は力なり 技術は人なり 音楽は無限大

教えることは、学ぶことだなぁとつくずく感じました。若者達よありがとう!!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください