メトロノームクレイジー③

さぁ、いつぶりでしょうか?

メトロノームクレイジーシリーズ①

メトロノームクレイジーシリーズ②

なんと2013年に書いてたんだぁ…と(;・∀・)

どれだけインターバルあるんだよって言う

ツッコミはスルーして行ってみよう!

前回のメトロノームクレイジー②でもご紹介した方法

テンポ120でリズムを感じる際に

1拍、3拍の強拍に該当する箇所にメトロノームが鳴るようにする方法

2拍、4拍の弱拍に該当する箇所にメトロノームがなるようにする方法

と、2つの方法をご紹介した

ともに、メトロノームの音価としては2分音符で鳴る事になり

自身は、4分音符で感じとる事になる

一小節を4分音符で4拍とした場合とでは

拍の理解と、感じ方がまるで違うと思いますが

この方法が出来るようになってから、更に推し進めた方法があります

 

今日は、BPM60〜140で練習する

強拍、弱拍部分の裏拍にメトロノームがなる様にして練習する方法

カウント方法は

ワン・ツー・スリー・フォー・|ワワン・ツー・スリー・フォー

二小節目の頭で、メトロノームカウントを裏返らせ

それをキープした状態で練習する方法だ

これは、メトロノームクレイジーと言っていますが

案外一般的なメトロノームの使い方となっています。

是非とも挑戦してみて下さい。

(ゆっくりしたスピードから上げていきましょう)

 

もちろん、長野県佐久市から発信中!!

丸山彰一ギター教室でも、この方法を取り入れて練習しています。

と、告知したので、生徒諸君覚悟して下さい(笑)

ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!クレイジー

 

 

今日のYouTube

今日は、ギターじゃなくてドラマーをご紹介

この動画では親切にもメトロノームを鳴らしながら、

クリフアルモンド先輩がドラミング!!

ギタリストを見るのも当然勉強になりますが

こうやってドラマーを見るのも凄く勉強になります。

だってリズムだけなのにメロディーが聴こえてきませんか?(;^ω^)

聴こえませんか?そうですか…。感じてくだされ〜〜〜!(笑)

このクリフアルモンド先輩は2度ほどLIVEを見ましたが

素晴らしいドラミングでした。

ギター以外の楽器や、音楽に触れるとまた音楽の広大さを実感します。

 

今日のオススメ

このチューナーは、丸山彰一ギター教室でも使用しています。

特徴としては、左側にある筒型部分から大きい音で聴こえやすい

音を何種類か搭載しています。KDM-1の頃から愛用しています。オススメ

音量可変!大きな液晶!小さなメトロノーム(耳掛)!楽器演奏、ジョギング、リズムスポーツ練習の決定版!EarMusicVC(特許!)

そして、これ!耳に直接入れて使うタイプのメトロノーム

リズム感が大切な場面は、多いですが

これだったら、聴こえない!なんて事が減りそうですね。

昔もっていましたが、いかんせん小型なので紛失しました(´Д⊂ヽ

ギブミーメトロノーム(笑)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください